MNPナビ - MNP NAVI –

MNPで携帯電話をもっと安く ~MNPを賢く利用して携帯電話やスマートフォンの料金を安くしよう~

短期解約(短期即解約)の基準

短期解約(短期即解約)の基準

ここ数年、短期解約などを繰り返しオークションで転売したり、機種変更されるようになたため、各キャリア(携帯電話会社)が損失を被り、短期解約に関する与信審査がかなり厳しくなっきています。

端末の価格は1台5万から8万円くらいですが、通常この端末代金は携帯電話料金から回収される仕組みになっています。
このため短期解約に伴う損失は、最終的には我々ユーザーに回って来ていて既存の契約者が高い電話料金を払わされているのが現状です。

話を戻しますが、この「短期解約」の基準ですが各キャリアで異なり、更に明確に示されているものではありません。
これはこの審査基準を明らかにすることにより、基準ぎりぎりで制度を悪用される恐れがあるためです。

ネット上で言われている一般的な目安は、各社とも半年(180日)とされています。(auについては、90日という情報もあります。)
またソフトバンクのiPhoneに関しては更に厳しく1年以内でブラック入りするようです。(auについても同様であるとの情報もあります。)

ようするに、転売目的などで短期解約を繰り返す悪質な者を排除することが目的であるはずなので、良識的な範囲での利用は問題ないものと思います。
実際私はこの基準の範囲で何度かMNPしたことがありますが、現在のところ契約を断られたことはありませんので・・・(あくまでも現在までです)

« »